大林組 <1802> は、米国大林組を通じて、米国の老舗建設会社であるクレマー社(ウィスコンシン州)の株式51%を取得し連結子会社化した。海外最重要拠点である北米地域での事業規模拡大を図る。

  米国の建設マーケットは、インフラの老朽化、脆弱化対策として、国内の橋梁の架け替え・修繕などが推進されるとともに、高速道路、鉄道建設への新規投資も増加するなど、今後も安定的な推移が見込まれている。大林組は、クレマー社の橋梁技術、地元企業としてのノウハウとの相乗効果により、インフラ分野での受注拡大を目指す。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)