OCHIホールディングス <3166> は、DS TOKAI(旧東海建設、岐阜県可児市)の全株式を取得し、12月上旬を目途に子会社化する。取得価額は、14年5月期の純資産を基に8~9億円で協議中。

  OCHIは、建材事業・生活事業・加工事業の3事業を展開し、西日本地区では建材事業においてエリアNo.1の規模まで拡大していたが、今後の成長戦略として、中京圏等へのエリア拡大や非住宅分野の建築工事等隣接新規分野への進出を検討していた。

  DS TOKAIは、建築分野において岐阜・愛知を中心とした地域一番店で、今後有望な介護分野にも進出している。両社の顧客基盤やノウハウの共有により、事業ポートフォリオの拡充とシナジーの発揮を見込む。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)