英紙・フィナンシャル・タイムズは11日、中国の航空機メーカーである中国商用飛机有限責任公司が開発を進めている地域路線用ジェット旅客機「ARJ21」と大型旅客機「C919」が、11日に開幕した中国国際航空宇宙博覧会の最大の焦点になったと伝えた。中国メディアの参考消息が報じた。

 記事は、ARJ21が初の試験飛行を行ってから6年が経過した今もまだ航空会社に引き渡されていないことを指摘したほか・・・・

続きを読む