中国メディアの〓媒体は8日、日本のフィーチャーフォン(ガラケー)はかつて一世を風靡したとしながらも、現在の中国国内において購入できる日本メーカーの携帯電話はソニー製だけだと紹介、「日本の携帯電話はこの先、どのようにして生き残るのだろうか」と論じた。

 記事は、もっとも早くからディスプレイがカラー化され、カメラも搭載された日本のフィーチャーフォンは「新しい体験を中国人にもたらした存在だった・・・・

続きを読む