ソフトバンク <9984> は、戦略投資子会社のソフトバンクインターネット&メディア(SIMI)を通じて、インド最大級のEコマースサイトを運営するスナップディール(ニューデリー)に総額約677億円を出資し、同社の筆頭株主となる。SIMI最高経営責任者のニケシュ・アローラが同社の取締役に就任する。

  スナップディールは2010年の設立、同社が運営するネット通販サイトの登録ユーザー数は2,500万以上、加盟店数は5万以上で、インド最大級のECサイトへと急成長を遂げている。

  インドは、インターネット人口が世界3位であるものの、EC市場の規模はまだ小さく、Mコマース革命によってモバイル経由でのEC市場の拡大が見込まれている。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)