中国メディアの捜房網は26日、中国の不動産市場が冷え込み、取引量が減少していることについて、「“不動産バブル”の崩壊を予測する声もある」とし、中国の不動産価格が今後も下落した場合に起き得ることについて論じる記事を掲載した。

 記事は、深セン市では2014年5月、オフィスビルの販売において、不動産開発業者が値下げ販売を行ったところ、値下げ前に購入していた投資家による抗議活動が発生したことを・・・・

続きを読む