香港メディアの鳳凰網は2日、第13代FRB議長を務めたアラン・グリーンスパン氏が米国誌「フォーリン・アフェアーズ」において「中国が金の購入を停止したことで、金の価格が値下がりした」と指摘したことを紹介した。

 記事は、中国の中央銀行である中国人民銀行が金の保有量を公表していないと紹介する一方、中国が金を大量に保有している理由について、グリーンスパン氏が中国の通貨、人民元に対する保証である・・・・

続きを読む