中国メディア・騰訊科技は1日、韓国の電子大手サムスン電子がすでに危機的状態に陥っており、積極的な“自己救済措置”が必要であるとするアナリストの分析を伝えた。

 記事は、今年に入って米アップルの株価が28%上昇したのに対してサムスンの株価は10%低下したと紹介。そのうえで、野村証券の韓国系アナリストが「現在のサムスンには危機管理能力が非常に求められている」とコメント、同社の利潤は予想を超え・・・・

続きを読む