中国メディアの一財網は21日、PM2.5による大気汚染が深刻化する中国において、空気清浄機の市場が急拡大していることを紹介する一方、調査会社の互聯網消費調研中心(ZOL)によれば、中国の空気清浄機市場はシャープをはじめとする外資企業がシェアの大半を占めているという。

 記事は、ZOLの調査を引用し、2014年7月における中国の空気清浄機市場では米フィリップスが20.5%のシェアを獲得して・・・・

続きを読む