中国で、不動産市場の縮小がさらに加速しつつある。中国政府・国家統計局が13日付で発表した「20014年1-7月全国不動産開発と販売状況」によると、2013年通年では前年比26.3%増だった商品物件売上高は14年に入ってからは前年同期を下回るようになった。1-6月では前年同期比6.7%減、1-7月では同-7.6%と、数字は低下しつつある。1-7月の住宅物件売上高は前年同期比10.5%減だった。
<・・・・

続きを読む