中国メディアの中国新聞社は8日、中国国家発展改革委員会(発改委)が日本の自動車関連会社12社に対し、独占禁止法違反の疑いで調査を行ったことを伝える一方、中国の自動車産業で使用されている自動車部品のうち27%が日本からの輸入だとし、「中国で販売されているほぼすべての自動車に“日本の血”が流れている」と論じた。

 記事は、部品納入の入札をめぐり、「1社が相対的に低い価格で入札し、ほかの企業は・・・・

続きを読む