中国政府系のシンクタンク、中国社会科学院に付属する都市と競争力研究センターの倪鵬飛主任は28日、「東部の2、3線都市ででは「市場の崩壊が完全にありえる」と述べた。倪主任は同院戦略研究院が同日に発表した2014年「中国住宅発展(中期)報告」の編集責任者だ。中国新聞社が報じた。

 「中国住宅発展(中期)報告」としては中国の住宅市場について、短期的に価格の下落は避けられないが、住宅価格全体の「・・・・

続きを読む