中国メディアの一財網は14日、「中国と日本のレアアース産業はほぼ同時期に立ち上がった」としながらも、中国企業は日立金属が持つ「特許の壁」によってネオジム磁石などといった高付加価値製品の輸出ができないと主張、中国企業が「特許の壁」を打ち破るために準備を進めていることを伝えた。

 記事は、ネオジム磁石関連について「日立金属が世界で600以上の特許を取得している」とし、そのうちのいくつかは一部・・・・

続きを読む