日本車は鋼板が薄く、安全性に劣る――。中国人のこうした誤解を解くべく、ホンダは2日、栃木県内でアコードとCR-Vを使っての衝突実験を行った。北京晨報は8日、「ホンダはわざわざ中国からアコードとCR-Vを栃木に運び、自動車同士を正面衝突させた」と伝えた。

 記事は、実験が時速50キロメートルのスピードで衝突したという設定で行われたことを紹介。実験場には衝突による大きな衝撃音が響き、アコード・・・・

続きを読む