中国メディア・北方網は3日、サムスン電子、LGとともに3大携帯電話メーカーの1社とされる「パンテック」が赤字続きで負債が膨らみ、倒産寸前にまで追い込まれていると報じた。

 記事は、パンテックが韓国国内の低価格携帯電話製品に特化し、フラッグシップ機で大きな成功を得たとする一方、赤字状態から脱却することができず、債権の償還期限が迫っていると伝えた。

 同社が2月末に提出した再建計画書では、7月4日までに4800億ウォン(約480億円)の債務を償還するとしていた。しかし、昨年の営業損益が2920億ウォン(約292億円)にのぼり、今年第1四半期も67億ウォン(約6億700・・・・

続きを読む