中国人民銀行(中国中央銀)の劉士余副総裁は24日、全国人民代表大会(全人代)の常務委員会に金融分野における監督とリスク対処の状況を報告した。劉副総裁は穏健な通貨政策やマクロ面における慎重な管理により、リスクに対する防御を行っていると説明した上で、「金融の一部分野ではリスクが突出している」などとして、企業の債務率が高すぎるなどの問題を指摘した。

 劉副総裁は各種指標について、2013年末に・・・・

続きを読む