3月期決算企業の本決算発表も先月中旬には終わりましたが、今期の業績は伸び率こそ大幅に鈍るもののこれまでで最高だった2008年3月期にほぼ並び、上振れすれば最高益更新も期待できるとみられています。こうしたなかこの投資のヒントのコーナーでは数回に渡って最高益更新が期待される銘柄を取り上げてきました。そしてそのなかには25年ぶりの最高益更新が予想される東芝 <6502> のような銘柄もみられました。   

 しかし、そうした銘柄がある一方で何年にも渡って最高益更新を続けている銘柄もあります。例えば中堅食品スーパーのヤオコー <8279> は前期まで25年連続で、またドラッグストアーのサンドラッグ <9989> は24年連続で最高益更新を続けており、今期も最高益更新が期待されています。一方で前期まで7年連続で最高益を更新してきた介護サービス大手のツクイ <2398> は今期に最高益更新がストップする予想となっています。(執筆者:金山敏之 マネックス証券シニア・マーケットアナリスト 編集担当:サーチナ・メディア事業部)