中国メディアの一財網は18日、米国の格付機関スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の報告を引用し、金融系を除いた中国企業の社債発行残高が14兆2000億ドルに達し、世界最大規模になったと伝えた。

 記事は、経済成長が緩慢になるにつれ、中国などアジアの国々では社債発行残高の高止まりという問題が顕在化しているとし、「米国企業の社債発行残高である13兆1000億ドルを抜いて、中国が世界最大規・・・・

続きを読む