シャープ <6753> は続急伸し、午前9時18分には16円高(5.10%高)の330円を付けた。18日、ディスプレイの形を自由にデザインできる「フリーフォームディスプレイ(FFD)」を開発したと発表し、好感された。

 従来は表示領域の外周部にゲートドライバと呼ばれる駆動用回路を配置する一定の額縁幅が必要だったため、四角形状が一般的だったが、シャープのFFDはゲートドライバを表示領域内にある画素内に分散して配置することで額縁を細くできるうえ、表示領域にあわせた自由な形状のディスプレイを設計することが可能になる。

 一部報道によると、シャープはすでに国内外で約10メーカーと納入に向けた交渉を始めたという。(編集担当:宮川子平)