中国政府・環境保護部が脱硫措置を講じていなかったとして、中国五大電力グループすべてと参加企業、その他の一部企業の計19社に罰金など合計4億1000万元(約67億1800万円)を支払わせることを決めた。1回の決定としては、過去最大の金額。企業がデータを偽造して国の優遇措置の対象になる悪質な手口も目立つが、現行規則では罰金額が少ないため、企業側の「違反した方が得」との意識は、なかなか改められていないという。中国・・・・

続きを読む