バイオ製薬ベンチャーのアンジェスMG <4563> (東マ)の株価は5月21日の直近安値330円から切り返しの展開となり、6月12日には594円まで急伸した。5月安値で底打ちを確認して強基調に転換したようだ。進行中のプロジェクトは順次製品化に近づいている。成長の第2ステージ入りを評価して出直りの動きが本格化しそうだ。

  99年設立(04年現社名に商号変更)の大阪大学発バイオ製薬ベンチャーである。遺伝子医薬(遺伝子治療薬や核酸医薬など)および治療ワクチンなど次世代バイオ医薬品に関する研究開発を中核とした事業を展開している。08年4月からは難病のムコ多糖症VI型治療薬「ナ・・・・

続きを読む