第一生命保険 <8750> は、米国の上場中堅生保会社プロテクティブ社(米国アラバマ州)の完全子会社化に向けた買収手続き開始について、同社と合意したと発表した。同社役員会は、本件買収に全会一致で賛同している。

  取得価額は約5,738百万ドル(約5885億円)、買収資金は手元資金と2,500億円の増資で調達する。12月から来年1月の手続き完了を目指す。国内・アジアに加えて、米国市場に本格進出し、グローバル展開を加速する。

   プロテクティブ社の直近のグループ収入保険料ベースで米国36位、個人保険・個人年金事業を主要事業に13年末の総資産687億米ドル、同12月期の純利益393百万米ドル、直近時価総額は約46億ドル。既契約ブロックの買収事業に強みを持ち、過去47件の買収案件を実施するなど、業界トップクラスの実績を誇り、会長・社長兼CEOのジョン・ジョンズ氏は13年10月から米国生命保険協会(ACLI)の会長を務めている。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)