江崎グリコ(本社・大阪市)は氷菓「パピコ ホワイトサワー」のパッケージを飾る女の子「白沢(ほわいとさわ)パピ子」のデザインコンテストでこのほど、グランプリ作品を決定した。グランプリを含め上位3作品をパッケージ化し、6月9日に発売する。(画像提供:江崎グリコ)

 「パピコ ホワイトサワー」は1975年の全国発売以来、パッケージに女の子のイラストを入れており、これを「白沢(ほわいとさわ)パピ子」と名付けて新たなデザインを公募していた。

 グランプリに選ばれたのは、ペンネーム「潮音」さんの作品。甘酸っぱくて後味すっきり、シャリシャリとしたパピコの味わいのイメージそのままに、涼しげなコスチュームの萌え系「白沢パピ子」がパピコを差し出している。

 このグランプリ作品へグリコからのコメントは「『ドウゾ!』と差し出されたパピコに思わず手が伸びそうな、見る人を魅了するキャラクター。傍らの大きなパピコは彼女の分でしょうか。小さい方だけ相手に渡すのでしょうか。ウインクしながら。そういう性格、嫌いじゃないですよ」。

 ほか2作品もアニメ系、萌え系のキュートな「パピ子」が選ばれた。グリコの特設サイトでその他の佳作や、不採用となった「グリコ社員の残念なパピ子」も紹介している。(編集担当:佐藤節)