中国では、李克強首相が5月30日に招集した国務院常務会議が、「金融を実体経済に奉仕させる『血流』の道を通す」との結論を出したことが注目されている。具体的には農村部経済体や零細企業や農村部経済体に対する融資を活性化することを指すとされる。中国新聞社などが報じた。

 同会議は金融機関による融資について「定向降准(一定の方向に、基準を引き下げる)」の措置に、これまで以上に力を入れるとした。中国・・・・

続きを読む