韓国保健福祉部は20日、2013年に韓国を医療目的で訪れた外国人患者数をまとめた資料を発表した。全体数は増加したが、日本人は12年から14.7%減少した1万6849人だった。複数の韓国メディアが報じた。

 資料によると、韓国に治療目的で訪れた外国人患者は191カ国、21万1218人で、前年の15万9464人から32.5%増加した。特に中国人患者数は急増し、前年より72.5%増加した5万6・・・・

続きを読む