中国経済が下押し圧力に直面している。中央政府は4月下旬から5月下旬にかけての1カ月弱の間に少なくとも10項目の対応策を打ち出した。いずれも「景気刺激の大盤振る舞い」ではなく、安定した成長、構造調整、改革と民生の改善を目指す特徴がある。中国新聞社が報じた。

 中国では2014年第1四半期(1-3月)の国内総生産(GDP)成長率が7.4%と7.5%を切り、4月におけるその他の経済指標も力強さ・・・・

続きを読む