中国大陸部の住宅価格の上昇が減速していることを受け、中国の裕福層が海外の物件に熱い視線を向け始めた。2014年第1四半期(1-3)月に中国人(個人、法人)による海外における住宅への投資額は前年同期比80%増の11億ドル(約1126億円)程度に達したという。人気の都市はロンドンで、頭金比率とローン利息率の有利さが主な理由だ。香港メディアの記事を引用し、中国新聞社などが報じた。

 海外の住宅・・・・

続きを読む