中国誌の中外管理は5日、中国経済が抱える真のリスクは、経済成長の鈍化ではなく、改革が実行されないことや過剰な生産能力と増える企業債務、そして不動産業の調整局面にあると論じる記事を掲載した。

 

 中国国家統計局が4月16日に発表した2014年第1四半期の国内総生産(GDP)成長率は7.4%にとどまり、13年第4四半期の7.7%からわずかに下がった。一部の投資銀行が成長率は6.・・・・

続きを読む