中国の第一財経日報は29日、同国の四大銀行が高い預金金利を武器に日本で計1兆円もの預金を集めたと報じた。大口預金では日本の大手銀行の金利と4倍以上の差があるという。

 同紙は日本メディアの報道などを元に、中国の国有四大銀行である中国銀行、建設銀行、工商銀行、交通銀行が日本国内で集めた預金残高が過去3年間で3倍以上となり、2013年9月末までに1兆円を超えたと報道。日中関係が緊張する中にあ・・・・

続きを読む