富士通 、パナソニック 、日本政策投資銀行(DBJ)の3社は、富士通とパナソニックが14年度第三四半期を目途に共同出資で設立するシステムLSIの設計・開発などを手掛けるファブレス形態の統合新会社に、DBJが最大200億円の出資と100億円の融資枠を設定することで合意した。事業統合時の出資比率は、富士通40%、パナソニック20%、DBJ40%となる。

  新会社のCEOには、京セラ の代表取締役社長を歴任した西口泰夫氏を迎え、数年後の新規株式公開(IPO)を目指す。ファブレス半導体企業への業態転換を図り、商品企画・マーケティング・開発に経営資源を集中し、グローバルでの成長を目指す。(情報提供:M&Aキャピタルパートナーズ)