M&Aキャピタルパートナー (東マ)は実力発揮の場面が近付いている。4月30日を基準日に1対3の株式分割を実施する。株式分割に伴い流動性の向上が見込まれるほか、投資単位の引き下げに伴い投資家層の拡大が期待できる。好業績予想の決算発表が4月30日に予定されていることと相まって、同社の本質的価値を評価する動きが活発化することになりそう。

  同社は国内の中堅・中小企業マーケットを中心に、・・・・

続きを読む