中国財政部の朱光耀副部長はG20財務相・中央銀行総裁会議で、今年の世界経済が低調であることの主な原因は「日本の経済成長が低いことにある」と主張した。新浪財経が伝えた。

 朱副部長は2014年の世界経済の成長率予想が3.7%から3.6%に引き下げられた主な原因は「日本経済の成長率予想が1.7%から1.4%に引き下げられたことが主な原因だ」と主張、さらに、4月から日本で実施された消費税率の引・・・・

続きを読む