北京市第1中級人民法院(地裁)は18日、中国人の強制連行被害者やその遺族らが三菱マテリアルおよび日本コークス工業を相手取って起こした集団訴訟を受理した。中国の環球時報(電子版)は19日、「日本の共同通信は“日本との関係が悪化することは必至”と不満を示した」と報じた。

 共同通信によれば、北京市第1中級人民法院(地裁)が強制連行をめぐる訴訟を受理したことで、中国各地で類似の訴訟が起こされる・・・・

続きを読む