韓国産業技術評価管理院(KEIT)は17日、2013年度の「主要国別の産業技術レベル調査結果」を発表し、日本と韓国の産業技術レベルの格差が以前と変わらず、一方で中国との格差は年々縮まっていることを明らかにした。今後、韓国の発展が停滞する可能性があるとして警戒する声が上がっている。複数の韓国メディアが報じた。

  KEITは産業技術研究・開発(R&D)28分野の細部技術592項目について、・・・・

続きを読む