東天紅 <8181> が急騰、寄り付き直後に27円高(13.4%高)の229円まで買われた。

 ジャイアントパンダに発情の兆候が見られるとして、上野動物園がパンダの展示を当面中止すると発表。妊娠・出産となれば上野周辺の観光客増につながるとの期待が、東天紅の買いに結び付いた。

 ただし、同社株は急騰したあとは急速に上げ幅を縮小しており、同じく「上野関連」の精養軒 <9734> も急騰後に失速している。

 東天紅や精養軒は昨年(13年)6月にもパンダの妊娠の可能性が報じられ、株価が急騰した経緯がある。(編集担当:片岡利文)